ソーバーキュリアスライフ

接待はオワコンでよろしい

2021-03-01

平成も終わって令和になった今、もう接待はオワコンでいいのではないでしょうか?

ある象徴的な出来事

2021年3月1日、内閣広報官の女性が辞職をされました。

彼女が総務審議官だった2019年11月6日、放送関連会社から7万円超えの接待を受けていたことが、2021年2月の週刊文春報道で表面化したことがきっかけです。

国家公務員が接待を受けることは「国家公務員倫理規程」違反になるようですが、その場合、刑事罰はなく、懲戒処分の対象になるのみだそうです。

しかし、放送関連会社は官僚にとって利害関係者になるため、官僚が利害関係者から接待を受けた、つまり、刑法上の「贈収賄罪」になり得る行為、でもあるようです。

ちなみに、この内閣広報官、みずから「飲み会を絶対断らない女」と称し、仕事のチャンスを広げるためには、そういうイベントに誘われたら積極的に参加すべきだ、と話していました。

そう話している動画も公開されていました。

「飲食を通じた人脈の構築」、というのは、個人の志向(嗜好)ですから、それは多様性を受け入れる意味でも、そういう生き方、働き方も個人の自由だと思います。

ただ、ちょっと古いやりかたではないか?という気もしますね。

接待の誘惑から逃れるためにできること

食は人間の楽しみの一つ、であることは全く否定はしませんが、職務上のルールに外れる危険を冒してでも接待の席で食べたいのだろうか?と疑問に思います。

もちろん、その官僚も、豪華食事が食べたくて行ったわけではないかもしれません。なにか断わりきれない事情があって、やむなく参加しただけかもしれません。

どちらにしても、なにか断れない理由があったのでしょうね。

こんなことで失脚しないためにも、権限を持つ立場の方は、各種予防線を張る必要がありますね。

ソーバーキュリアスなら会食を断る理由の一つに!

お酒を飲まない主義の女性

ソーバーキュリアスで、お酒を飲まない!というスタンスでいれば、多くの誘惑をはねつけることができます。

私の知っている企業の管理職は、体質的にお酒が飲めない人なのですが、コンサルティングファームの女子から「飲みに行きましょうよ」と誘われたところ、「用件はなんでしょう?お話しなら会議室で。」と打ち返したそうです。

もう、カッコよくてしびれますね。

ベジタリアンなら会食を断る理由の一つに!

ベジタリアンが食べる食材

日本では数は少ないベジタリアン。

豪華ご馳走、というと、肉や魚になりますので、「ベジタリアンです」と宣言した瞬間に、接待をしようとしている相手の選択肢が狭まります。

また、ベジメニューで、豪華食事、というのはなかなか想像がつきません。

強いて挙げるとすれば、高級インド料理のベジミールスでしょうか?

とにかく、ベジタリアンであると宣言すれば、豪華ディナーに誘われる可能性はぐっと減ります。

1日1食主義なら会食を断る理由の一つに!

ファスティング
さらに、「私は朝(または昼)に1食しか食べないんです」という、1日1食主義なら、相手は接待を仕掛けることはほぼ不可能です。

できるとすれば、パワーブレックファーストや、パワーランチでしょうか?

パワーブレックファーストや、パワーランチなら、飲食代が高額になることも想像できませんし、日のあるうちですから、「癒着」のような不健康な関係にもなりにくいような気がします。

健康的でいいのではないでしょうか。

これからは商品やサービスで勝負する時代

もう令和です。

どんなビジネスも、シンプルに、商品やサービスで勝負すればいい。

夜の貴重な時間を使って、飲みに行く必要ってありますか?あるとは思えません。

私は、接待する側になったことは無いのですが、接待する側の立場にいる人は、同席したくもない人と同席をする苦しさを紛らわせるために、アルコールの量が増えたり、そうして依存症になった人も少なからずいた、と聴きます。

接待される側の立場は経験したことがありますが、いろんな理由をつけてお断りしても、業者はかなり強引に断れないように事を運ぶのも知っています。

私も断り切れなくて、何回か、業者が主催する「懇親会」に参加したことがあります。

「懇親会」ですから、当然お会計時にお支払いをしようとしたのですが、「ここは当社の奢りで」と言われてしまいます。

正直気分は最悪でした。

こんなふうにして、出席したくもない「懇親会」になかば強引に参加させられた挙句、業者に「うちのお金でタダ飯食べたでしょう?」と弱みを握られるのですから、たまったもんじゃありません。

この業者との「懇親会」という名前の接待には、何回か参加した後、私は「一切行かない」というスタンスに切り替えました。

その方が、健康にもいいですし、自分の時間も確保できますし、なによりも不健全な人間関係を築かなくて済みます。

接待不要・ソーバーキュリアス最高

先に言及した官僚女性が、辞任したことが、一つ象徴的な出来事のような気がします。

もう、接待はオワコンなのです。

時代の流れがそうなのですね。

そして、接待の魔の手から逃れるには、ソーバーキュリアスでいることが大きなアドバンテージになりますね!

こちらもどうぞ
昼間のカフェ
飲み会やパーティに行かなくても人付き合いはできる

ソーバーキュリアスというキーワードで検索して各Webサイトを閲覧していると、おしゃれなノンアルコールドリンクのきれいな写真が並べられているものが多いことに気が付きます。 もちろん、パーティや外食の際に ...

続きを見る

-ソーバーキュリアスライフ